Return to site

10/1(日) MAIBARA×AOGAKU駅伝が開催されました!

青学が米原にやってきました。

· 駅伝,青学,米原

10/1(日)MAIBARA×AOGAKU駅伝で激走!

10/1(日)米原中学校を拠点として開催された、MAIBARA×AOGAKU駅伝(1.2km×6区間)にしがでんランニングクラブが出場しました。

今回は、なんと3チームエントリーしました。

どこの、小中学校、一般チームよりも人数が多く、黄色のTシャツが目立ったましたね。

地元の大会はこれくらい目立たないといけないですね。

駅伝の前には、青山学院大学陸上部の原晋監督による講義。

実際に今回の駅伝を走られた選手3名による「青トレ」の実演が行われました。

青トレに挑戦しましたが、普段あまり使わない肩甲骨まわりのストレッチなど実践してみたいものが盛りだくさんでした。

しがでんランニングクラブのウォーミングアップに取り入れます!

原監督の講義では、目標をもつ大切さということで小学生なども前に出て、自分の目標を発表する機会がありました。自分ならどうなんだろうと、改めて考えさせられましたね。

その中で、しがでんからも1人指名が。

青学のファンで、今回メンバーに加入しれくれた女性が指名されたのです。彼女にとって、願ってもない特別な日になったと思います。

駅伝の振り返りですが、とにかく盛り上がった!熱く頑張った!の一言です。

A、Bチームは、楽しく走ろうがテーマです。

自分の力を出し切り過ぎて、酸欠状態になっている人、手を振りながら笑顔でたすき渡しをする人、みんなのいろんな表情が楽しさを象徴していたと思います。

 

Cチームは、関西の強豪クラブチームである「GRlab」の選手のタッグを組みました。

皆さんの、走る速さに圧倒されました!こんな速い人たちがいるのだと。

周りの小学生、中学生もビックリしていました。

ちびっ子は、速い人が好きなので、しがでん頑張れー!とたくさんの声援ももらいました。

最終区では、先頭の中学生と15秒差。

1人1.2kmのコースなので、15秒といってもなかなか詰まる差ではありません。相手の中学生は、全国大会にも出場している強者でした。

惜しくも、奇跡の大逆転は起きませんでしたが、堂々の2位。

ハンデ戦なので、中学生には負けましたが、走破タイムでは1位でした。青学チームよりも速かったです。

しかし、地元の中学生が優勝というシナリオが一番よかったと思います。

Cチームの選手たちは、来年は優勝してやる!と気合十分です。

GRlabの皆さん、ありがとうございました。お疲れさまでした。

 

そして、大会終了後には、原監督のサインもバッチリといただき大満足!

Cチームは、テレビ取材もされていたので映ることを期待しています。

 

このように、今回が初めて顔を合わせたメンバーも多くいましたが一体となって盛り上がれたと自負しています。

今回限りではなく、今後も今回集まったメンバーはもちろん、どんどん人を巻き込んで、ここに集まれば楽しいことがあるんだなと思えるコミュニティをつくっていきたいですね。

 

しがでんに興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

10/28(土)は、バーベキューします!

人数が少なければ、中止です。笑

みなさんの参加お待ちしています!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly